「完璧な生」が飲めるビヤバーをサッポロビールが銀座にオープン!


「完璧な生」にこだわったビヤバー、「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR」へオープン初日に伺ってきました!
C204CA9F-A617-4660-B8B7-1913530BE040

銀座はサッポロビールがビヤホール文化をスタートさせたという地で、同社にとっても非常に重要な場所。その銀座で、「もっともビールが美味しい瞬間は最初の1杯目。」というコンセプトのもと、その日の1杯目に「完璧な生」を提供しようというのが、こちらTHE BARになります。

お店の場所


お店はGINZA PLACEの地下一階になります。

ビヤホールの「銀座ライオン」もありますが、こここそがまさしくビヤホール文化のスターとなった場所。

その隣に「THE BAR」はあります。東京メトロ銀座駅から直結していて、とても便利です♪

「マイグラス」登録のためオープン当日は早めに並びました


オープンは去る7月5日(金)17:00でしたが、会社を早退けして開店前から並ぶことにしました。

到着時点ではすでに30人くらいは並んでいました。もっと並んでいたらどうしよう…と内心ドキドキだったのですが、杞憂に終わって一安心。
B2C0A83F-C3A2-4408-B0D2-23D6E588CD5A

なんでそんなにドキドキしたのかといえば・・・、「マイグラス」をキープるすためなのでした!

マイグラスとは?


「マイグラス」のシステム


「マイグラス」とは、自分専用のグラスを2個、店舗内で保管管理してもらえるTHE BARのシステムです。
「銀座にマイグラスを置いてあるというステータスを感じてほしい」として導入されたとのこと。

グラスは購入ではなく、あくまでキープするシステムですが、たしかに特別感を得られる素敵なシステムと言えますね♪

期限とかはあるの?


キープ権の期限は1年間です。

会費はかかるの?


年間保管料として500円(税込)が必要です。

いつでもマイグラスに申し込めるの?


マイグラスは最大870人まで募集されるとのことです。
オープン初日は先着100名まで登録受付でした。(そのために、会社を早退けして並んだのでしたw)

今後は毎月受付されますが、「毎月1日」から「先着70名」までで締め切りとなります。
(ですので、100+70*11で最大870人までなわけですね)

予約とか必要ですか?


スタンディングバーなので予約は必要ありません(予約不可)

無事にマイグラス登録完


ということで、オープン待ちの列に並んでいる時に整理券をいただきました。
9E07060E-89AA-47FF-80A8-75886614FCA2

順番に呼ばれるのを待って、ようやっとマイナンバー登録完了です。
といっても個人情報の登録は一切必要なく、整理券、500円と引き換えにカードをいただくだけで完了でした。
F73D0B20-6639-4813-ACE9-7E1D9325161E

来店時はこのカードを持参するか、スマホでQRコードを読ませてWeb会員証を作成すれば、マイグラスの利用が可能になります。

ちなみに整理券番号がそのままマイグラスのナンバーになりました。って、それは当然といえば当然ですねw

お店の様子


開放感のあるスペースで明るさも十分。気軽に入れる雰囲気があっていい感じです。
スタンディングスタイルなのでカウンターのみです。最大30名ほどの定員だそうです。
E1F3D064-3538-4158-AC0A-13C68DB7D51D

変形コの字カウンターの中にはグラスがぎっしりと棚に並べられていました。また天井の照明はサッポロのトレードマークの☆に象られていたりと、こだわりが伝わってきて素敵ですね〜。
ECADF754-DB7A-42AF-AC75-2507AFE8ACCF

マイグラスの保管室


マイグラスの保管室はガラス張りになっていました。ナンバーごとに仕切って保管されており、この棚を作るだけでも相当なコストがかかっていそうです。サッポロさん、すごい!
B700364D-F2A9-4588-9B13-3746895A2B8B

ACC7AC2C-3B73-4D0C-8594-4923BD048FFB

これだけのグラスが整然と置かれている模様は壮観の一言。必見です!
80CAF640-DB4B-40B3-B2F8-A2E14DC6BFC9

いよいよ「完璧な生」をいただきます


保管室を見ているうちに、いよいよカウンターへ案内されました。やっと「完璧な生」が飲める〜♪

カードを見せて、マイグラスの準備をお願いします。

コースターも特別


この四角いコースターは、マイグラスユーザーだけにお出しするものということでした。
こういうところにも特別感があっていいですね〜。日本人はこういうところに弱いですw
7A56E6F0-913A-43DC-82E1-81670F32C16B

マイグラス


グラスには、マイグラスのナンバーが書かれています。下線がついた数字がナンバーになります。単純に数字が書かれているよりおもしろいですね。また、薄張りのグラスで非常に軽かったです。
6E214D79-2C3E-46B1-9879-7758AEF868F8

「社員はこのグラスを買うことはもちろんキープもできないのがとても残念なんですよ〜」とカウンターで担当頂いた社員の方がおっしゃっていました。お気持ちわかります…。

3種類の黒ラベル


THE BARで飲める黒ラベルは3種類あります。
1. パーエフェクト黒ラベル ー 3つのC(クリーミー、クリア、ゴールド)を実現し、パーフェクト黒ラベルからんで注がれる「完璧な生」を目指す黒ラベル
2. ファースト ー 喉を駆け抜ける爽快感を味わうために、スウィングカランを復活させ、一度注ぎを実現した黒ラベル。昭和時代のスウィング型コックを2口カランと併用して、銀座の歴史観・現在の進化を表現
3. ハイブリッド ー 柔らかい喉氏を味わうために、パーフェクト黒ラベルカランからビールを注ぎ、スウィングカランから泡付けをおこなった黒ラベル

すべて1杯500円です。また3種類あっても、原則2杯までとされていますのでお気をつけを!

最初の黒ラベルは「ファースト」をいただきます!


最初の一杯は「ファースト」に決めていたので、迷うことなくオーダー。
ファーストはスウィングカランから“一気に”グラスに注ぎます。

そして提供された「ファースト」がこちら。
ビールの色、透明感、泡立ち、どれを取っても完璧です!
B3CEE66A-594F-4856-9A1C-C5DB7231580F

味はといえば、炭酸が一粒一粒弾けるような、非常にパワフルな喉越しで、爽快感満点!これから暑くなる季節では、最初の一杯に飲みたくなること必至のおいしさでした!

2杯目は「パーフェクト黒ラベル」


続いては「パーフェクト黒ラベル」。
現代のスタンダードな注ぎです。といっても、THE BARの注ぎは特別で、惜しげもなく泡付けをします。これによって、ウルトラクリーミーなー泡になるわけですね〜。

提供された「パーフェクト黒ラベル」。もはや“泡”ではなく“クリーム”と言っていいくらい!
527D07B8-4BAF-4D1F-98D4-A9D98427215C

0AE2C03A-206F-4EAF-8421-6EEB34AA3C7B

色も透明感ももちろん最高!グラスもバッチリクリアです。
メーカー直営だけに一切の隙を見せない、本当に「完璧」な一杯です。
4903DC84-3F67-490B-959A-2E42CF4F60CB

ファーストと飲み口は全く異なり、こちらは炭酸も細かく落ち着いており、ゆったり飲みたくなります。黒ラベルは普段からよく飲みますが、本当に格別な味わい。何倍でも飲みたくなりそうな、そんなおいしさでした。

天使のリング


飲み終わった後のグラスには、泡のリングが出来上がり。
5C015E73-385C-403D-972B-0E558EC21341

これはグラスをきちんと洗浄していないと絶対にできないものなんです。ですので、このリングに出会えたのであれば、そのお店はまず間違いのない美味しいビールを提供していると考えて良いと思いますよ!

軽食もあります


ビールだけではなく、軽食も用意されています。「銀座のお通し」をテーマにしたメニューが5、6種類ありまいした。月替わりメニューもあって、今月は「カツサンド」でした。

私はといえば、次もあるので「ちりめん山椒」と「ピクルス」の盛り合わせをチョイス。
ピクルスはなんと黒ラベルで漬け込んだものだそうです。ほのかにホップの香りがするような、さわやかな風味に仕上がっていておいしかったですよ!
C0A70973-8220-451C-9FC8-C5F1C8B6B0C4

飲み終わって


2杯だけの短い時間でしたが、非常に濃密で素敵な時間を過ごせました。
サッポロビールが自信を持って提供するビールは、本当に大げさでなく「完璧」なものだったと思います。

THE BARで一杯飲んでから銀座の街に消えていく…。何ともかっこいいですよね。
全てのビール好きの方に、ぜひぜひ行って欲しいお店です。

サッポロビールさん、こんなにすばらしいお店をオープンしてくれて、本当にありがとう!




関連ランキング:バー | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク