本格焼肉・もつ鍋 肉衛門@葛西!

最近、焼肉を食べてばかりのイメージが定着してしまった私。そのおかげか、美味しい肉を食べに行こう!と肉友さんにお誘いいただいたのが、こちらの「本格焼肉・もつ鍋 肉衛門 葛西店」です。
IMG_1520

店頭にはガラス張りのセラーがあり、様々なワインが収められていました。ワインにも自信あります!というメッセージが伝わってきますね~。
IMG_1521

こちらの肉衛門さんは「一頭買いをしません!」宣言をされているお店。時期に合わせて必要な分だけ質の高いお肉を仕入れるというポリシーだそうです。またモツ鍋を始めとした九州料理も提供されているということで、お肉とお料理に期待が高まります♪

さて、乾杯もそこそこに、まずは前菜からいただきましょう。
センマイ刺しは手間のかかる白センマイ!これだけでお店の意気込みがわかるというものです。
6241680400_IMG_0844

ごまハマチ。ゴマの甘みと香ばしさがいいですね~。
6241680400_IMG_0846

特製ナムルはゼンマイ使用。個人的にハマってしまった一品。韓国のりがちらしてあり、これだけで実にいい味を出していました。
6241680400_IMG_0858

そしていよいよお肉です。まずは「迷ったらこれ!」という、銀座テールの塩焼き。予め柔らかくなるまで煮込んであり、あとは軽く焼き目をつけてかぶりつく!余分な油は落ちて、旨味だけを味わえる逸品でした。
6241680400_IMG_0851

6241680400_IMG_0853

そしてメインどころは、黒板にかかれてみんな気になっていた「特選一頭盛り合わせ」をいただきました。通常2~3人前のところ4名向けにボリュームを調整していただきましたが、迫力満点の盛り合わせです!そして肉質も文句のつけようのないサシの入り方で素晴らしいです。
6241680400_IMG_0862

盛り合わせの最大のメリットは、部位ごとの味の違いを時間差なく食べ比べできるところですね。そして厚切りだったことがポイント高し。やはりお肉は厚みが大事!
6241680400_IMG_0869

お肉にはもちろん赤ワインを合わせました。COLLEZIONE CINQUANTAという銘柄。ベリー系の香り高く、重すぎないボディ。とてもおいしかったです。
6241680400_IMG_0868

そしていつの間にか注文されていた、和牛の炙り寿司!テーブルで炙ってそのままいただくというメニューです。九州の醤油をつけていただきましたが、醤油の甘みがよく合い、これもGOOD TASTE!
6241680400_IMG_0874

6241680400_IMG_0877

ここまででお腹もだいぶ膨れていましたが、モツ鍋を食べないでどうするのさ!ということで、モツ鍋も投入^^; 明太とんこつ味でいただきました。焼肉からのモツ鍋ってなんだかよくわからない流れですが、、スープは思いのほかさっぱりしており、野菜たっぷりということもあって、なんだかんだと4人で完食。モツ鍋の魔力にしてやられたという感じです…(笑)
6241680400_IMG_0881

最後はホットクのサンデーをデザートにいただきました。
6241680400_IMG_0884


非常に質の高いお肉をいただくことができて、心から満足のひとときでした。お肉は特選一頭盛り合わせを頼むのがベストかなと思います。そしてもちろん、モツ鍋を始めとした九州料理も外れのないおいしさですので、多めの人数で行くと色んなメニューを楽しめるかと思います。私も、味にうるさい友達を誘ってまた伺いたいですね。ごちそうさまでした!




関連ランキング:焼肉 | 葛西駅


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

トラックバック